1999年より農薬・化学肥料不使用の循環農業を続けています

http://jp.fotolia.com/id/26342230  © miiko
http://jp.fotolia.com/id/26342230 © miiko

 

平成11年、有機栽培に転換し、茶や谷圃場(畑)は平成13年有機JASの認証を取得。以来、無農薬・無化学肥料で栽培。

平成21年、有機野菜の需要が増え、下組圃場を追加しました。

平成25年、少量多品目の有機栽培を続けるため有機JAS認証の継続を止めました。

 

 

 

 

圃場が増ましたが、その圃場毎に有機JAS認証を取得しなければならないため、提出書類と毎年の検査料が倍になります。一つの作物しか作っていなければ、書類も1品目×2圃場分で済みますが、毎年40~50品目を栽培している、私共の場合、書類が40品目×2圃場分となり、日々80枚の書類を作成するとなると、栽培がおろそかになります。今後も、次世代のため、空き農地を活用していくためには、有機JAS認証の継続が難しいと判断し、辞める事に致しました。

有機JASを止めた事で、有機栽培と表示する事は出来なくなりましたが、

今まで通り、土に還る有機質の肥料(愛媛県産鶏糞・広島産牡蠣がらの石灰・苦土石灰・菜種油粕)を、少しだけ使い、自家製稲わらや草を入れ、米ぬかにEM菌を混ぜ発酵させた、ぼかし肥料だけを使い栽培を続けていきます。

自然の力を精一杯引き出すことで本来の風味に加えて「美味しい」野菜を作っていきたいと思います。

安心安全なうえに、美味しい野菜=organiquement légmes

http://jp.fotolia.com/id/12050199 © kelly marken
http://jp.fotolia.com/id/12050199 © kelly marken

四万十川源流域の美味しくきれいな水 

清流四万十川の源流にあたる四国カルストの湧水を使い育てています。 

 

標高600mの寒暖差 

高知県とはいえ、標高が600mあるため、1年を通して冷涼な気候です。 

 

ホウレン草やリーフレタスなど、暑さに弱い野菜も1年中作れます。

 

朝晩の寒暖差が大きいため、甘みのある美味しい高原野菜が作れます。 

 

 

手間暇をかけて、農薬不使用を実現 

農薬や除草剤も使わないので、害虫採りも除草も全て手作業。 

 

害虫がひどくなった野菜は、収穫をあきらめ耕し、土に返してから、ビニールをかぶせて、太陽熱による蒸し込み消毒。

 

収穫・水洗い・袋詰めも全て手作業

 

肥料や土に入れる物は、全て自然に還る物を

 発酵鶏糞(愛媛県産)・牡蠣ガラ石灰(広島県産)・苦土石灰・菜種油かす・塩

米ぬか(町内産)・稲わら(町内産)・もみがら(町内産)

 EM菌・糖蜜

 

使用資材は上記のみ、有機JAS法にも認められている、自然に還る有機物しか使用していません

 

野菜の事を多方面で知るために、野菜ソムリエの資格も取得

大事に育てた野菜なので、皆様に食していただくまでの事も勉強したいと思い

野菜ソムリエの資格も取得

 

保存方法・栄養・調理方法など、今も日々勉強中です。

 

 

--------------------------

D'a Pan屋  ~だっぱんや

カフェ  

営業日 木・金・土・日・祝日

(週4日のみの営業です)

   

営業時間 11:30~16:30

    

電話

050-3736-7663

(営業時間外でも

   ご連絡承ります)

FAX

0889-67-0093  

--------------------------

株式会社 雲の上ガーデン

 

 高知県高岡郡梼原町

 茶や谷661

 

 電話&FAX

 0889-67-0093

--------------------------


梼原町特産キジ肉ホームページ

「梼原町キジ生産組合」

http://www.kijikumiai.com/